株式会社HARMONIQUAが量産支援する漬物瓶【Picklestone】、クラウドファンディングにて目標の1329%の資金調達を達成

食卓に「漬物」のある暮らしを提供する、新しいスタイルの漬物瓶【Picklestone】がクラウドファンディングサイトCAMPFIREにて目標金額の1329%に当たる支援を達成致しました。本件において弊社は、デザイン・設計・サプライヤー選定・生産管理・認証チェックなど、製品のコンセプトから量産まで幅広くご支援させて頂きました。

高級庵治石と檜を使い、スタイリッシュに冷蔵庫で漬けられるまったく新しい漬物スタイルを提供する漬物瓶として、ファンディング開始直後から大きな反響いただきました。日本のフードロス解消にも繋がるこの製品を、ご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

現在はファンディングを終了、弊社による量産管理のもと順次パトロンの皆さまへお届けさせていただく予定です。

 

残念ながら今回のご支援に間に合わなかったという皆さま方におかれましては、現在2018/2月発送分の予約のみ下記サイトで受け付けております。

お支払いは予約商品のため、クレジットカード決済が出来ません。銀行振込のみとなりますのでご了承ください。

 

◆【Picklestone】詳細

URL:https://camp-fire.jp/projects/view/28916

 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社HARMONIQUA
メールアドレス:support01@harmoniqua.com

 

IoT時代の町工場「HARMONIQUA」、 IoTプラットフォームサービス「sakura.io」のハードウェア量産化パートナーとしてさくらインターネット社と業務提携スタート

株式会社HARMONIQUA(ハーモニカ)は、本日4月18日さくらインターネット株式会社がリリースしたIoTプラットフォームサービス「sakura.io」の量産化パートナーとして、同社と業務提携を開始いたしました。

当社は、大阪で製造業を営む町工場で、40年以上の歴史で培われた高い製造品質を守りながら、2013年より東京オフィスを開設し、昨今のIoTビジネス増加の中でのハードウェアの設計・製造を担って参りました、本実績を活かし、IoTプラットフォームサービス「sakura.io」を利用する新規IoT事業者向けに、ハードウェア試作設計・量産設計をサポートするパートナーとして業務提携に至りました。

◆代表取締役 松山からのメッセージ
近年、ものづくり試作開発の環境は格段に進化し、誰もがコンセプトモデルを作り、IoTをはじめとするものづくりにチャレンジすることができる時代となりました。さらに、今回さくらインターネット社が提供するIoTプラットフォーム「sakura.io」がインフラを支えることで、製品の企画生産に集中できる環境が整いつつあります。
しかしながら、ハードウェアの試作設計・量産設計には専門知識・経験が不可欠であり、この「量産の壁」を前にプロジェクト終了するケースも多数あるのが現状です。その壁を越えるためのサポートを行い、実際に製品を世に送り出してきた実績をご評価いただき、「sakura.io」の量産化パートナーとなりました。これまでに培った経験と知識を活かし、「量産の壁」を乗り越え、面白い製品が数多く生まれるための設計支援をして参ります。

◆「sakura.io」詳細
URL:https://sakura.io/
※さくらインターネット社は、「sakura.io」のβ版として、昨年より「さくらのIoT Platform β」を提供しており、 本日2017年4月18日より「sakura.io」にサービス名を変更し、正式サービスとして提供開始しました。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社HARMONIQUA
メールアドレス:info@harmoniqua.com
電話番号:03-4400-1535(代表)
営業時間:10:00~18:00(土日祝のぞく)